ZOOM UP [news & works] RSSフィード

DJスケジュール
DJチャート
All Time Favorite
Link
Landscape
Myspace

2006-09-038月のチャート

すいません。チャート自体は先週末より前に作っていたのですが、バタバタしていたので更新するのをすっかり忘れていました。


1.DJ Fire - The Closet Things to Heaven [Progrez]

プログレッシブトランスの中間を行くキック&ベースの下地にJunkie XLばりのギターリフが絡む至福のEuro Trance。ソロ一本になってからのFIREのプロダクションは本当に素晴らしい。ここにきて急成長株ですね。Electrance Mixは若干Call On Meに似ている(笑)


2.Audio Planter Soundsystem - Night & Dawn 2006 [Horizon]

Morning Tracks vol.4収録曲。Physalisの名曲Night & Dawnのセルフリメイクです。オリジナルよりもややアシッドなシンセエレクトロニカ的な音自体の美しさで再構築されながらもどこか全盛期のPlatipusサウンドを彷彿とさせてくれます。昇天物だったブレイクの心地よさは相変わらず。この曲はLandscapeのMUSICコーナーで試聴できますので是非聴いてみて下さい。


3.Matt Rowan - Gold Mine [Only]

個人的に最注目アーティストの1人であるMatt Rowanの新曲がこれまた最注目しているレーべルOnlyよりリリース。今回もメロディーをしっかり主張させたプログレッシブトランスTrance時代のMax GrahamやBenz & MD辺りが好きなら文句なしにお薦め出来る内容です。Matt Rowanはどの曲も秀逸な出来だけに一時期のBenz & MDばりにリリースペースが速すぎるのが気掛かりです。これだけ良い曲をリリースする力があるのだから、もっと焦らした方が良いような気もしますね。


4.Jussi Polet - Posittive (Supermodels From Paris Remix) [Danceteria]

髭ダンスのフォローアップのような(プレイ中にあのステップを刻みたくなる)Keep Onも斬新だったSupermodels From Parisの新作が登場。今回はJussi PoletのRemixです。前作よりは若干トランシーで、Chicane - Offshoreのようなコードが使われていますがアッパーなハウスなのは相変わらず。。「Supermodels From Parisって凄い!!何者だー」と思ってDiscogsをみたら情報が更新されていてわかりましたがModulationと同じ人だったようです。なるほど納得。この手のサウンドは最近好きですね。


5.Kid Massive - Night In The Big Room [Housession]

これもハウスですが、こちらはフィルターハウスっぽい作りで最近見かけないKlubfilterみたいな感じのややディープなサウンドです。躁系の貯めてアゲなビッグブレイクがあって曲の構成自体はアゲアゲなんですけどね。他の曲もプロダクションが面白かったので注目してみます。


6.Livio & Roby - Supercar (3 Colours Remix) [Only]

最初に聴いた時Eric Prydzかと思った。エレクトロだがメロディーラインのしっかりしたプログレッシブハウス。同レーベルからリリースしたPicture Thisも素晴らしかった3 ColoursによるRemixです。この曲には致命的な弱点があったのですが、Kenji君にエディットしてもらったのでバッチリ。助かりました。


7.Super 8 - Get Off (Gabriel Batz Remix) [Anjunabeats]

硬めのキックとG&Dみたいなベースで全体に引き締まった感じのするProgressive寄りなTrance Remix。Gabriel Batzは割と最近のアーティストなのですが、結構良い仕事をしています。Originalは相変わらずSuper 8っぽいキラキラしたTranceでそちらもなかなか良い感じです。


8.Gutterstylz - Dirtbox (2Thousand & Six) [Bedrock]

テクノ色が強くOliber Lieb辺りに近いサウンドのトランシープログレッシブ。元々のBPMはかなり遅いのですが、早回ししたら結構映えました。最近Bedrockがまた熱くなってきた。


9.Cosmic Gate - Should Have Known [Blackhole]

Estueraっぽい疾走感のあるダッチトランスプロダクションで、ボーカルとの絡ませ方がいかにもTiestoが好きそうな展開に仕上がってます。食わず嫌いにならなければ普通に良い曲なのですが、以前のCosmic Gateの面影が全く無いのが笑えるかも。残っているのはキックぐらいかな。


10.Chris Micali - Schiphol [Aurium]

Chris Micaliの新曲はBenz & MDのAuriumより。若干テッキーですが、ブレイクの上物と沈んだり浮かび上がってきたりするトリッキーなシンセリフの使い方が上手く、状況に関わらずプレイできそうな音に仕上がっています。RemixはSantiago Ninoが担当。このレーベルはリリースペースは早くないのですが、相変わらず良い曲をきってきます。


[Monthly pickup Promo & Demo]

後ほど更新