ZOOM UP [news & works] RSSフィード

DJスケジュール
DJチャート
All Time Favorite
Link
Landscape
Myspace

2007-01-301月のチャート

すっかり遅くなってすいません。


[Trance]

1.Heatbeat - Another Loud Thought[Istmo]

1/14の更新でもお伝えしたTrance+Electro。この曲は本当に最高です。


2.Hawk - You're Mine [AVA]

David Westのプロダクションに似ていると各所で話に上がっているHawkの新作。プログレッシブをベースとした繊細なメロディーラインの作りは相変わらずです。


3.Signum - Harmonic [ASOT]

AirwaveとMac Zimsの曲を足して割ったような印象を受けるSignum久しぶりの新作。疾走感のあるMassiveなトラックに被せるSave Meのようなリフがよくマッチしています。メロディーのあるTech Tranceを探している人には激しくお薦め。


4.Francis Davila & Alex Hentze - Visions of You (Gabriel Batz Remix) [Istmo]

メロディックなギター & ピアノを多用したMarkus Schulz系のProg Trance。Originalは割と綺麗なだけのトラックなのですが、よりダンサブルに仕上げてきたRemixerのGabriel Batzが本当に良い仕事をしています。最近台頭してきたアメリカ系のTranceを支えるIstmo Musicですが、勢いが凄いですね。


5.Signul Runners - Aria Epica (Bart Claessen Remix) [Anjunabeats]

Bart Claessenにしては大人し目ではあるものの、オリジナルのメロディックな作りを活かした好Remixで地平線を走るような気持良いTranceに仕上がっています。野外の朝方などに聴きたい1曲。まさかBartがAnjunaebatsで仕事をするとは思ってもいませんでしたが、Anjunabeatsのリリースが多い中でDJやファンを飽きさせない要素はこの辺にあるのかもしれません。


6.Alvert Vorne - Ares (Mac Zims Remix) [Club Elite]

イタリアのMAZEMANというレーベルに所属しているAlvert Vorne(以前AsturaがRemixを担当していました。)の楽曲をM.I.K.E.のClub Eliteがライセンス。かつてのClassified Projectのような疾走感に満ちたプログレッシブトランスなMac ZimsのRemixがテクノフリークにも支持されそう。最高です。


7.Johan Gielen - Revelation (Global Experience Remix) [Tune For You]

音の作りはGlobal Experienceですが、曲調はSunloungerっぽいマッタリしたハウシーチューン。絶好調なShahの勢いは衰えず。


8.Gustavo Santaolalla - The Wings (Gabriel & Dresden's O.N Remix)[Verve Records]

映画「Broken Back Mountain」のテーマ曲をGabriel & DresdenがRemix。原曲がカントリーソングなこともあって全体に緩やかな感じの構成。野外映えしそうなHouse~Trance。


9.Jose Acosta - Soundness (Xplore Remix)[Underground Lessons]

Whiteroomや初期のElectronic Elementsを彷彿とさせるローテンポのProg Trance。2006年に発売されたSun Deepも最高に気持ち良かったルーマニアの新鋭XploreがRemixを手がけています。


10.Sound De-sign - Happiness 2006 (Pacific & Vandyck Remix) [Feltive]

1999年にリリースされ(Coast 2 CoastやTall PaulがRemixを手がけていました!)現在でもTrance Classicとして人気の高いHapinessの2006年Remixがついに登場。SummerfishのRemixが秀作だったPacific & VandyckのRemixはややテッキーでアップリフティングな仕上がっていますがヘブンリーなあのブレイクは相変わらず健在です。Trance~Progressiveでも愛されそうな好Remix。


[Progressive / House]

1.Shiloh - Ruok [Rococo]

OZに続くShilohのメロディック回帰路線第2弾。グルーヴィーなリズムトラックに載せて少しずつ進行していくキラキラしたシンセが気持良いProgressive。長いブレイクを抜けた後の音の奔流はここまでいくと殆どTranceですが、まさにEPICという言葉が相応しい最高の曲です。


2.Pete Heller - Simpler (Jerome Robins Simple Edit) [X-Series]

Pete Hellerの最新作SimplerをReleaseのJerome Robinsが手がけたBootleg Remix。1つのフレーズをループさせながら少しずつ展開させていくドラマを感じさせるトラックで、Originalよりもトランシーなsimple is bestのMorning Track。


3.Eric Prydz - Call On Me (Henrik B Remix) [DATA]

Eric Prydzのリメイクで一斉を風靡したCall On Meにまたも新しいRemixが登場。Pryda FriendsからもリリースをしたHenrik Bによるものですが、華やかで色のある音使いはどちらかというと現在のEric Prydzの曲に近い感じです。これはテンションが上がる!


4.Bent - The Waters Deep (AFK Cascadia Subduction Remix) [---]

Probspot系の音が気持ち良いキラキラ朝方プログレッシブ


5.Fine Taste - Sidewalk Chalk [Exrema music]

往年のArt Of Tranceがプログレッシブを作っていたらこんな感じになりそう。爽やかなトランシーチューン


6.Sander van Doorn - Grasshopper [Oxygen]

どろどろして展開から超大型ブレイクへと引きずり込まれるエレクトリックボム。これは凄い


7.Phatjak - Dirty Monday (Bart Van Wissen Remix) [Extrema Music]

エレクトロ+Leama & Moor系の気持ち良いシンセパッドが融合した超アゲチューン。クラブでプレイしたらめちゃくちゃ気持ち良さそう。


8.Roland Klinkenberg - Bounce & @ 2007 [68]

Bounce & @のセルフリメイクがついに登場。ブートを作るアーティストが続出か?


9.Jay Lumen - Million Years [ ]

ボトムの利いたトランシープログレッシブを得意とするJay Lumenの新作。低音の映えるトラックの上をドラマチックに進行するメロディーラインの作りこみが凄い。


10.Tektonik - Biomorph [ ]

PlatipusからもリリースしていたTektonikの新曲がEPで登場。Beatportで購入できますがどれも素晴らしい出来。


[Demo / Promo]

IGODA - Set In Motion [Sevensenses]

3月末にリリース予定のIGODAのアルバム"Sanctuary"収録曲。この曲はHybridを彷彿とさせるオーケストラ調のストリングスと疾走感のよく出たブレイクビーツの取り合わせが面白い新しい形のブレイクストランス。アルバム自体も全体にクオリティーが高めでお薦めの一枚です。