ZOOM UP [news & works] RSSフィード

DJスケジュール
DJチャート
All Time Favorite
Link
Landscape
Myspace

2007-06-21Playback DJ 2007 上半期 [Trance]

NECO20070621

2007年ももうすぐ半分を過ぎようという時期なので、今年上半期にパーティーでプレイした曲の中から特にプレイしたTranceとProgressive / Houseのトラックをそれぞれ10曲を選んでみました。パーティー映えする曲を中心に選んでいるのでDJの参考になれば幸いです。


1.Andy Moor vs. Orkidea - Year Zero [Ava]

2.Nic Chagall - What You Need (Hard Dub) [High Contrast]

3.OCOT - Live to Love [Landscape]

4.DJ Fire - Midnight In Beijing [Progrez]

5.York - On The Beach 2007 (Sandhopper's Remix) [Offshore]

6.Boom Jinx - Late September [Anjunadeep]

7.Viridian - Sunhump (Breakfast Bootleg) [CDR]

8.Jonas Steur feat. Jennifer Rene - Fall To Pieces [Blackhole]

9.Espen & Elusive - Albatross Confessions (Dub) [Caps Lock]

10.8 Wonders - Sex On The Beach [Anjunabeats]


1.Andy Moor vs. Orkidea - Year Zero [Ava]

Year Zeroは待望だった時間が長かっただけに本当によくプレイしました。Andy MoorのRemixが人気のこの曲ですが、自分はプログレッシブのセットに併せることが多いのでOriginalを好んでプレイしています。初めて聴く人でも展開を読ませ易いのでフロアの反応がかなり良いですね。特に2.17のLandscape1周年で初めてプレイした状況が今でも忘れられません。


2.Nic Chagall - What You Need (Hard Dub) [High Contrast]

3.OCOT - Live to Love [Landscape]

Cosmic GateのNic ChagallによるWhat You NeedとLandscapeのレーべルからリリースするOCOTのLive To Loveは上半期のTranceセットの時は必ずプレイしていた曲。What You NeedのHard Dubはちょっと切ない男性ボーカルを疾走感のあるマッシヴなトラックにのせた今年のEuropean Trance Anthem。TiestoやPvD, Armin, Ferry Corstenをはじめ本当に多くのDJ達がプレイしていました。Live To LoveはサイケデリックとEuropeanの良い部分を併せ持つ凄い曲。特にブレイクからの展開が素晴らしく、ピーク時にふさわしい1曲。どちらもO-ZIさんとのB2BでDJした4.14のSevensenses Night vol.1で大爆発していました。


4.DJ Fire - Midnight In Beijing [Progrez]

5.York - On The Beach 2007 (Sandhopper's Remix) [Offshore]

この2曲はメロディーがとても気持ち良いので、ピッチを遅くしてラウンジでもよくプレイしました。そのため、曲名を聴かれる事が多かったです。FireのプロダクションはよくDJで取り入れているのですが、毎回外さないので欠かさずチェックしています。特にこのMidnight In Beijingは秀作。泣きのメロディーが良い意味でポップで素晴らしいです。On The BeachのNew Remixは新人(?)とは思えないサウンドのハウシートランス。イントロから南国っぽいムードを漂わせているのですが、ブレイクから一変してドラマティックに突き進む構成が魅力的で、個人的に今までリリースされたMixの中で一番好きですSandhopperについて何か知っている人がいたら是非教えてください。


6.Boom Jinx - Remember September [Anjunadeep]

Remember SeptemberはTATWで聴いて衝撃を受けた1曲。レーベルファンからの人気も高かったですね。Original、RemixともにProgressive Tranceですが、状況に応じて使い分けられる内容なのも良いと思います。


7.Viridian - Sunhump (Breakfast Bootleg) [CDR]

SunhumpのRemixはBreakfastが「Richard Durrandのものはハウスっぽい」とコメントしてくれたようにRichardのものよりもTrance系の作り。SSR Nightで盛り上がりすぎたテンションを一度落とすためにプレイしましたが、これがオフィシャルでリリースされてもおかしくない位よく出来ています。あのギターを使ったブレイクをかなり引っ張るので相当盛り上がっていないとプレイできないのが難点ですが、逆にこの曲が聴けるということはそのパーティーがかなり盛り上がっているということ。これからのシーズン、夏のビーチでプレイしたい1曲です。


8.Jonas Steur feat. Jennifer Rene - Fall To Pieces [Blackhole]

Fall To Piecesは新曲ですが先週のJames Grantを招いたパーティーで一番良いタイミングにプレイできたので印象に残っています。Estueraらしい独特のサウンドにJenifer Reneのボーカルがマッチしていて今年の夏ブレイクしそうなバレアリックチューン。これからのシーズンにもぴったりなのでよくプレイしそうです。


9.Espen & Elusive - Albatross Confessions (Dub) [Caps Lock]

Albatross Confessions (Dub)はピアノを使ったディープなプログレッシブトランスでこれからのシーズン野外で映えそうな1曲。元々のBPMが130代と結構早めなので1周年の時は若干遅めでプレイしました。EspenとElusiveは音の作りがかなり好みなのでFire同様、欠かさずチェックしています。


10.8 Wonders - Sex On The Beach [Anjunabeats]

8 WonderのSex On The BeachもTATWでプレイされ、DJやAnjunaファンが待ち望んでいた楽曲。ややトライバルなリズム帯とムーディーなメロディーがよくマッチしています。Yodaさんもよくプレイしている1曲です。





[Forthcoming]

今月既にリリースしている曲も含め、下半期で頻繁にプレイしそうな曲をピックアップしてみました。


The Blizzard - Kalopsia [Armada]

Joonas Hahmo - Together [Anjunadeep]

Three Drives - Greece 2000 (Leama & James Davis Remix) [Lost Language]

Solarstone feat. Alucard - Late Summer Fields (OCOT Remix) [Deepblue]

Tenthu - Eccencia (Capsula Remix) [KYR]

Breakfast - The Sunlight (JPL Remix) [Flashover]

Matt Rowan - Hot Steppin [Red Seven]

Livio & Roby feat George G - Monochrome (Wize Remix) [Only]

Stereobrains - Antidote [The Clubbers]

David West & Inkfish - Searching For Substance [West]