ZOOM UP [news & works] RSSフィード

DJスケジュール
DJチャート
All Time Favorite
Link
Landscape
Myspace

2004-12-23Best Of 2004 (Track & Artist)

Trance

1.Vadim Zhukov / Exit

2.Young Parisians Feat. Ben Lost / Jump The Next Train (Probspot Remix)

3.Art Of Trance / Mongoose

4.Solid Globe / Sahara

5.Probspot / Foreplay

6.Airwave / Ladyblue

7.Mark Otten / Tranquility

8.Fictivision vs. Phynn / Escape

9.Gavyn Mytchel pres. Mnemonic / Insurrection (Perry O'neil Remix)

10.Probspot / Blueberry


その他の印象に残った曲

Mind One / Only Memories

Water Planet / Introspection

Rico Soarez / TV Dinner

Marco V / Automanual

Whiteroom / The Whiteroom

Usual Aspect / Mr Blue (Thrillseekers Remix)

m.i.k.e. Presents Fascinated / Totally Fascinated

Ronski Speed / E.O.S.

Agnelli & Nelson Feat. Aureus / Holding On To Nothing

Max Graham / Coastline

Tiesto feat. BT / Love Comes Again

AR 52 / Air Traffic

Randy Katana / One Solid Waves

4 Strings / Back To Basicなど


今年は新人の台頭が凄まじく、トップアーティストと気鋭のアーティストの作品を聞き比べても、単に作品の音だけ聴いてしまえば線引きできない程ハイクオリティーな作品が多かったですね。その一方でシーンを牽引してきたアーティスト達も触発されたのか、DJ作曲に自身のレーベルの設立にと積極的な活動を見せ、今年のトランスシーンは近年稀に見るほど多くの名作・良作に恵まれました。では、新鋭と熟練の作品においてどこで線を引くのかというと、それはDJ受けする要素であったり、心をひきつけるメロディーであったり、聴いても飽きない構成であったり・・・etc。いっぱいありますが、強いて1つ言うなら個性ですね。音がイマイチでも存在感の強い音を作るアーティストはやはり強いです。活動当初は斬新であったASOTも最近では飛びぬけた存在感を見せる人材が少なくなっていますし。2005年タレント過剰により昨年台頭してきた多くの若手や近年の流れについていけなくなったベテランも含め、数が膨れ上がりすぎた為にある程度は淘汰されていくと予想されますが、更なる新星の登場にも期待が集まるところです。ランキングも本当はAudioholic / External KeyがOriginal、Remixともに文句なしの1位なのだけど、来年のリリースになってしまったので、また1年後にお目にかかる事でしょう。

Best DJ / Tiesto,Armin Van Buuren

Best Artist / Probspot,Mark Otten,Phynn

Best Label / Armada,Bonzai,Blackhole関連




【Others】

1.Sarah Mclachlan / World On Fire (Junkie XL Remix)

2.Leama & Moor / Shades Of Blue

3.Deepest Blue / Give It Away (Club Mix)

4.Benz & MD / Wonder

5.Filterheadz / Yimanya

6.Benz & MD / Schonesoleil

7.Redanka / Waves

8.Mogan Page / Fallin

9.Magnolia / It's All (Steve Angello Remix)

10.Roland Klinkenberg / Monday Groove


その他の印象に残った曲

Flash Brothers / Release Time (Benz & Md Remix)

Daisuke Matsusaka / Asian Blue Rose

Joris Voorn / Incident

Synergy / Pacifier

George Hales / Autumn Falls (Markus Schulz vs. Alucard Remix)

Mic Burns / See Mee Fall

Quivver / Space Manoeuvres PT 3

Francisco Farfa / Universal Love

Unknown / Air Guitar

Markus Schulz pre. Elevation / Clear Blue

Tetraflux / Okinawan

Junior Jack / Stupidisco

Greyarea / Gravity

Peter Martin Presents Anthanasia / Perfect Wave

Graham & Blades / Real

A.Matsumoto & DJ Yoshi / Dreamer (Luke Chable Remix)など


今年もProgressive Soundが猛威を奮った1年でした。日本でも毎月の

ように多くの外タレが来日しているので、まだまだ熱は覚めやらぬこと

でしょう。Progressiveシーンも今年はブレイクスやトランシーな要素

を取り込んだものの受けが特に多く出回ったような気がします。特に

トランシーなプログレはBenz & MDやMichael Burnsを始めとする

ロディアスなものの受けが良かったように思います。来年はエレクトロロックテイストなものが徐々に増えてくると言われていますが、果たしてどうなるのか?注目が集まるところです。

Best DJ / Ben Lost

Best Artist / Markus Schulz,Benz & MD,Michael Burns

Best Label / Lost Language,Electronic Elements,Release

ゲスト