ZOOM UP [news & works] RSSフィード

DJスケジュール
DJチャート
All Time Favorite
Link
Landscape
Myspace

2005-03-16ASOT 2005

以前にTiestoのMix CDでも同じような試みがありましたが、今回のASOTは

コンセプトの違うLightサイドとDarkサイドの二枚組にわかれての登場。

Lightは前半はプロッグ、後半はトランスを中心にメロディーに重点を

おいたトランス寄りの作り。よりアップリフティングに重点を置いた

DarkもLightと同じくプロッグ~トランスな作りなのですが、後半は

ダッチハード物と疾走感のあるプロッグトランスで固めるなどフロア

ライクでProg色の強い選曲が目立ちます。前回はラジオショーASOTの

Mix CDバージョンのような色合いが強く、リリースされていた定番物も

多かったのですが、今回は割と新曲が多く、コアなフリークにも嬉しい内容。

繋ぎは前後がくっきりとしていて淡々としていて、ロングミックスという

ほど長くは繋がずに数小節繋いでスッと切り替えています。また、1曲自体も

それほど長く使っているわけではないので、Mixに使うのは難しいでしょう。

曲自体も要らない部分はエディットでざくっと切ってありますが、2004と

同様に聴く分にはそれほど気になるものでもありませんでした。選曲が

素晴らしいのでこの手の音の初心者でも楽しめるような作りは健在ですが、

前作が入門編ならば今回はよりArmadaフリーク向けに作られた2枚組。


Armin Van Buuren / A State Of Trance 2005

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007PIE0G/250-6364019-3413036


Disc1 (Light)

1. Interstate - I Found You (with AVB'S Intro)

2. Hidden Logic pres. Luminary - Wasting

3. Markus Schulz - First Time

4. Max Graham Feat Jessica Jacobs - I Know You're Gone

5. Mike Foyle Presents Statica - Space Guitar

6. Ava Mea - In The End

7. Elevation - Ocean Rain

8. Locust - Aerospace (Probspot Remix)

9. Armin Van Buuren – Shivers

10. Enmass - Beyond Horizon

11. Kyau Vs Albert - Falling Anywhere (Rework)

12. Fragile Feat. Alex Lemon - Inertia (Armin Van Buuren Remix)

13. Sophie Sugar - Call Of Tomorrow (John O'callaghan Remix)

14. Marcos - Cosmic String

15. John Askew - Mood Swing


Disc 2 (Dark)

1. Peter Martin Presents Anthanasia - Simply Blue

2. Nu Frequency – 808

3. Andy Moor – Halcyon

4. Ahmet Ertenu - Why (Derek Howell Mix)

5. Oliver Lieb Vs Preach - Papel (Preach Remix)

6. Remy – Crackdown

7. Gabriel & DresdenArcadia

8. Tilt - Twelve (Max Graham Remix)

9. Matthew Dekay Vs Proluctors - The Deep Show

10. Recluse - Emotional Void

11. Adam White Feat. Martin Grech – Ballerina

12. Blank & Jones - Perfect Silence (E Craig Dub)

13. Kyau Vs Albert - Made Of Sun (Kva Hard Dub - Avb Edit)

14. M.I.K.E. - Massive Motion

15. Eyewall – Bad Deal

16. Hammer & Bennett - Language (Santiago Nino Dub Tech Mix)

17. Liquid Overdose – Ancient Space (Fred Baker remix)


Disc 1 (Light)

1.Interstate - I Found You (with AVB'S Intro)

やさしげなストリングスとつぶやくようなけだるい女性ボーカルが特徴的

なこの曲はオーキーのMix CDに収録されて以来、世界中DJ達が頻繁に

プレイしているので耳にした人も多いことでしょう。ArminによるIntro

くわえたこのバージョンはサンプラーに収録されることが決定しています。


2.Hidden Logic pres. Luminary - Wasting

Lost Languageからもリリースが決定しているArksunことLuminaryの新曲。

Mark Ottenが好きな人ならば夢中になりそうなディープで美しい歌物のです。


3.Markus Schulz / First Time

今回は女性ボーカルをFeatした歌物。相変わらず聴けばMarkusと解る

ベースは健在ですが今回の作品は今までの作品の中で一番切ない音をして

います。


4.Max Graham / I Know You're Gone

昨年からずっと話題に上がり続けているMax Grahamの歌物。Andain系の

トラックメイキングストリングスが感動を誘います。Max Grahamの

ラインとはちょっと違うけど、これは間違いなく大ヒットするでしょう。

頭だしした最初の方はFirst Timeを被せているのですが、これでネタ物

を作って欲しいぐらいマッチしていました。


5.Mike Foyle pres. Statica / Space Guitar

哀愁のギターをこれでもかと使ったProg。Markusもヘビープレイして

いましたが、向こうでは10代後半の日本ではクラブに入れるか微妙な

ぐらいの青年がこんな曲を作るというのだから驚きです。


6.Ava Mae / In The End

トランス好きにはたまらないメロディーラインをたどるシンセと零れ落ちる

ようなキラキラした木琴系の音を被せたTranceとProgの中間をいく強烈な

1曲


7.Elevation / Ocean Rain

日本を意識したようなオリエンタルなストリングスが耳に残るProg Trance

もしかしたらArminが早回ししているのかもしれませんが、遅くすればプログレでも

かなり映える出来だと思います。


8.Locust / Aerospace (Probspot Remix)

Probspotの音はProbspotのような~と紹介できるほどオリジナリティーが

あって素晴らしいですね。この曲は彼にしては上物控えめな渋めの仕事。

LocustのRemixをやるとは驚きでした。Originalも楽しみ。


9.Armin Van Buuren / Shivers

使っている音は新しいのだけど、ちょっと古いというか懐かしい感じのする

歌物。ピアノシンセコードが2000年頃のTranceを彷彿とさせます。


10.EnMaas / Beyond Horizon

包み込むような柔らかい音のシンセを使ったメロディーはどこか懐かしさを

感じさせるメランコリックな音色。ここではArminがだいぶピッチをあげて

使っている為、Tranceとしての色が強く出ています。


11.Kyau Vs Albert / Falling Anywhere (Rework)

オリエンタルな雰囲気漂うシンセリフが艶やかななRework。音の振り分け

方やバランスの取りかたが絶妙。


12. Fragile Feat. Alex Lemon - Inertia (Armin Van Buuren Remix)

哀愁ボーカル物。歌を使いながらこの辺のシリアスさを強調できるのは

昔からArminの得意とするところでした。


13.Sophie Sugar / Call Of Tomorrow

Somatic Senseからリリースしそうな懐かしくも新しいTranceです。

ブレイクでの上げっぷりが爽快。


14.Marcos / Cosmic Strings

天を仰ぎたくなる壮大なブレイクからなるメロディーがインパクト大の

超大箱向けハードトランスタイトル負けしていない鳥肌物の1曲です


15.John Askew / Mood Swing

ArminといえばJohn AskewというぐらいArminがFavにしているAskew

の新作、前作のDisc2でもラストにRemixを用いていましたが、今作も

渋過ぎず上がりすぎずのマッシヴチューン。



Disc2 (Dark)


1.Peter Martin Presents Anthanasia - Simply Blue

2004に先行収録されたPerfect Waveも大ヒットしましたが、今回は

ブレイクスの色が強く、よりフロアへのアプローチを試みているような

作りです。トランシーではないですが、かなり良い出来。


2.Nu Frequency / 808

この曲についてはまたZoom-upでじっくりとレビューします。夕暮れが

似合うメロメロハウスで本当に最高の曲だけど、2分ちょっとしか

収録されていなくて、一番盛り上がるギターブレイクが無いのが

かなり残念です。今年の夏に向けて野外でかけまくるよ!


3.Andy Moor / Halcyon

Andy Moor名義久しぶりの新曲ですが、どちらかというとLeama & Moor

での新曲って感じの内容です。サンプリングしているボーカル昇天物。

今年聞いた曲の中で一番最初に鳥肌を立たせた曲はこれでした。


4. Ahmet Ertenu / Why (Derek Howell Mix)

最近周りのDJ達が皆口をそろえて「Derek Howellスゲー!」といいます

が、今回もかなりスゲーです。Prog~Tranceとジャンルを超えて受け入れ

られそうな作り。


5.Oliver Lieb Vs Preach - Papel (Preach Remix)

Darkという冠名を一番象徴してそうなダーキーな上物プロッグ。単調ゆえに

フロアで聴いたらかなりハマりそうなキラートラックです。

6.Remy / Crackdown

ミニマルなリフの繰り返しがやばげなTech Progressive。この人の曲は

相変わらず異彩を放っています。シャウトするボイスがファンキー


7.Gabriel & Dresden / Arcadia

Tomcraftそっくりなタフなエレクトリックベースタイトル通り楽園を

髣髴とさせるドリーミーなシンセ組合せがミスマッチのようにみえて

意外な相乗効果。世界中Trance~ProgのDJ達を虜にさせているのも

解ります。


8.Tilt - Twelve (Max Graham Remix)

ディープとアップリフティングを共有させたいつものGraham節は相変わら

ず健在。トランスとプロッグの両方を聴く人には必須と言っても過言では

ない作りをしています。


9.Matthew Dekay Vs Proluctors / The Deep Show

トラックがプログレメロディーがエピック。


10.Recluse / Emotional Void

前作はかなりTrance寄りでしたが、今回はTranceとProgの中間を行く

いつものノリ。相変わらずこの人の曲は心に響く何かがあります。


11.Adam White Feat. Martin Grech / Ballerina

タイトルをみれば漠然とその言葉がイメージできる曲はありますが、これは

おそらく誰が聴いてもタイトルを彷彿とするのではないでしょうか。Disc2

の中では唯一オーソドックなトランスでかなり浮いていますが、そのギャップが

また、たまらなく良い!


12.Blank & Jones - Perfect Silence (E-Craig Dub)

Tech~Prog Trance。E-Craigにしてはかなりディープな部類。相変わらず

疾走しています。数多いBlank & JoneのRemixの中でもトップクラスクオリティー。


13.Kyau Vs Albert - Made Of Sun (Kva Hard Dub - Avb Edit)

ダッチハード系のエッセンスをふんだんに取り入れたKyau vs. Albertの

ReworkにArminのリフやSEを使ったシンセフレーズを盛り込んだRe:Rework。

元々出来が良いのでこれはこれでありかなといったところ。


14.M.I.K.E. / Massive Motion

彼の曲を少しでも齧った人ならみな「あっ、M.I.K.E.の曲だ」と言うでしょう。

唯一という言葉が似合いすぎるほど音は個性に満ちていて強烈。


15.Eyewall / Bad Deal

Sander Van DoornライクなProg Trance。一番最初に出るサンプラーにも

収録されてるので重宝しそうです。


16.Hammer & Bennett / Language (Santiago Nino Dub Tech Mix)

Originalも好評でしたが、こちらは最近注目の集まってきたSantiago Ninoに

よるRemixMax Graham系の疾走Progressive Trance。近々リリース予定の

Ninoの新曲Believeもかなり熱いので今後が楽しみです。


17.Liquid Overdose – Ancient Space (Fred Baker remix)

昨年M.I.K.E.のレーベルよりリリースされていたので新曲ではないのですが、

かなり中毒性をもったベルジャンハードトランスベルギーでこの手の音を作り

続けているのはBonzai一派かFred Bakerぐらいのものでしょう。

naga,naga, 2005/04/06 00:44 今mixiで2005のレビュー書いて気付いて飛んできました。
さすがNECO氏、詳細かつ的確なレビューですな。参考になりまくりました。

ゲスト