Sub-culture

Next Party

○光響○
2005.4.23.Sat. @ 渋谷Simoon
Music: Progressive House
DJs: Satoshi Otuki,Matsunami,Yasutoshi,Reki,Shame and more...

2005-02-22一本10円

[]On@Off

夕方のフリーパーティでNECOさんがDJするので行ってみた。


入ってみると人少な!

もともとラウンジっぽい作りだから、人入れて躍らせないと難しいかもですね。


それでも知り合いがある程度いたからやりやすかったみたいです。

あと、前より音が良くなったような気がしました。

NECONECO2005/02/24 04:32遊びに来てくれてありがとう。あの人の少なさはマジびびったよ。やっぱ知ってる人が来てくれると、聴く側のことを考えながらプレイできるのでちょっと楽しかった。
あとPerfect SilenceのRemixは隠れた名曲だと思う。

2005-02-20

[]16@MIlk

随分前に16で来て以来、久々の恵比寿。

Shu Okuyama君のプレーを楽しみにしてたんだけど、4時のスタートに間に合わず、聴けなくて残念。

メインはちょっと変態がかったクリック/ミニマル系の音で中々好み。

ラウンジでは最近あちこちで見かける千秋楽さんもプレーしていて、デトロイト系の音と聞いていたけど、テックな感じを出しつつもSubsky - Let It Flow,Magnolia - It's All Vain,Benz & MD - Wonderあたりがかかるなどかなり好みでした。

と疲れていたので千秋楽さん終ったところで帰宅。

自分を呼んでくれたShu君もOsaken君のプレーも聴けずなんだか申し訳ない…

2005-02-19泣いた

[]名前失念@Gabowl

小室のトランスプロジェクトみたいな名前のハコだなぁ…音はまぁDJバーって感じだけど、中々面白いところで、平日は超安く借りられるんだとか。

同じサークルでありながら、年明けてから一度もあってないToyodaが出てたので寄ってみました。

最近消息不明の噂があった彼だったけど、元気そうでよかった。

いろいろ話した後、2時半頃にYellowに向けて出発。

何故か彼もついて来たので、話しながら歩いていたらあっという間にYellow前まで着きました。

[]Ian Pooley@Yellow

約二ヶ月ぶりのYellow。何でも今、メインフロアは5時にならないと開かないそうで、バーのところの特設DJブースは激混み。

ラウンジまで行くと知り合いがたくさんいて、HeさんのDJはIan PooleyよりIan Pooleyライクなプレーでえがったです。

4時過ぎくらいにメインフロア開放したらしく、行ってみてちょっとするとBalmsが!

Since Thenで一番好きなトラックだっただけに、踊りながら嬉し涙でてきました。SuuvenirsのボーナストラックでヴォーカルをやっていたChihiro Satoも生で歌って大盛り上がり。

他にもCoracao TamberやSouvenirsからの曲など、自身の曲がかかる度にクラウド沸きまくり。みんなが幸せそうに踊ってるのが印象的でした。

しばらく踊ってから上に言って休んでいると、何時の間にか眠ってしまって気がつけば7時。まだ下からは音が聞こえてましたが、十分堪能したので退散。

踊っていたのは実質1時間程度だったけど、久々に最高!って言える外タレでした。

また来て欲しいな。

curb3cb@mail.rucurb3cb@mail.ru2006/07/06 00:24<a href='http://www.yahoo.com'></a> http://www.la-ringtones.com/tones/ <a href='http://www.la-ringtones.com'>real ringtones</a>. <a href="http://www.la-ringtones.com ">motorola ringtones</a>: Download ringtones FREE, Best free samsung ringtones, Cingular ringtones and more. [url]http://www.la-ringtones.com/ring/[/url] [link=http://www.la-ringtones.com]tracfone ringtones[/link] from site .

smq4k4x@yahoo.comsmq4k4x@yahoo.com2006/07/06 00:24http://www.la-ringtones.com/mp3/ ringtones site free. [URL=http://www.la-ringtones.com]qwest ringtones[/URL]: Download ringtones FREE, Best free samsung ringtones, Cingular ringtones and more. [url=http://www.la-ringtones.com]nextel ringtones[/url] from website .

xfglev9@mail.ruxfglev9@mail.ru2006/07/06 00:24http://www.la-ringtones.com/mp3/ ringtones site free. Download ringtones FREE, Best free samsung ringtones, Cingular ringtones and more. from website .

2005-02-17本当はどっちも最後までいたい

[]Fractal@Air

やむを得ない事情を除き、毎回必ず参加しているこのパーティ。

今回はなんといってもプログレッシブで一緒にDJしているNOPさんのライブに期待。


着いてみると意外と知り合いが少ない…やっぱり光饗@Simoonと被ったのが大きかったかな?


フロアに行くと、プレーしていたのはMaloさん。ちょっとしか聴けてないけど、リズムで躍らせる感じの曲で盛り上げてました。

そして1時からはNOPさんが登場。

Infusion - Do To You (Nop Remix)から始まり、最近のNOPさんの趣向がよく現れたテクノ/エレクトロ風味な曲を交えつつ、終盤はCoolpiggyことTakumi N師匠の曲や、Tim DeluxeのIt Just Won't Doのリミックスをプレーし、ラストはStrebolightで〆。

一つ一つの音がはっきりしてて、かなりクラブ映えするトラックが多く、DJとライブの良さが共存したセットになってたと思います。


次のDJも60/40 - Cupboard Love (Rene Amesz Remix)やGwill Morris - Time (Luke Chable Dub)をかけたりとかなり好みな感じで、その後のスペイン行きの決まっているSadaaさんのプレーも聴きたかったのですが、KaiさんたちのいるSimoonへ集団で移動することになり、惜しまれつつもAirを後にしました。

[]光響@Simoon

次回からは週末に移動する光響。入ると結構知り合いが多く、やはり分散してしまった模様…


フロアではオーガナイザーのSatoshi Otsukiさんがプレーしていて、トライバル色の強く出たプログレをプレーしていました。

その後、しばらくは今回はDJお休みのMatsunamiさんや、他の人たちと話していると、Saint Etienne - Only Love Can Break Your HeartのウェザオールMixがかかる。Etienneを聴くきっかけになった曲だけに感激。

話しつつフロアとラウンジを行ったり来たり。フロアのトリのRekiさんは、中盤Modjo - NaranjaのDimitri Remixなどのテクノよりの選曲で、後半はLeama & Moor - Shade Of Blueや、Guy Gerber - Stoppage Timeなどをプレー。

まともに聴いたのは二回目なのですが、かなり趣味が近いっぽいです。

パーティ後はKaiさん達と富士そばに寄って帰宅。

バイトもないので昼過ぎまで寝てました。

2004-11-273週連続ageHa

[]Up-road @ Obi

校舎も違ってあまり交流はないのだけど、同じ大学繋がりのsinceKさんの出演するラウンジパーティー

Womb横にあるんだけど、Womb自体まだ行ったことなく、ラブホ街を迷いながら到着。

中に入ると既にsinceKさんのプレーが始まってました。


Orinoko - Island

Quivver - These are The Days

Felix The House Cat - Watching The Cars Go By

The Hypinotist - Rainbows In The Sky (Orchid Remix)

Rediate - Clystal Clear (Sonar Methods Lake Side Mix)


うーむ…かかった曲全て知っている…

sinceKさんとはかなり趣味が一致するので、チェックしているのもだいたい同じような感じなのです。(とはいえ上の中で持ってるのはIslandだけだけど)


終了後にしばらく話してましたが、ageHaに行くこともあってちょっと早めにobiを出ました。



[]Saturdays @ ageHa

Timoですよ!Timo!

いやー何せ昨年来日した時は受験っていう邪魔者がありましたからねー

(それ以前にIDないだろ…)


というわけで一時ごろageHaへ。だいぶ遅く来たつもりでTimoに間に合ってるか不安でしたが、まだまだ余裕だったので、TentでSugimotoさんと話したり、アリーナでMaarさんのプレーを聴いたりしてました。

MaarさんはBjorkのネタモノ?や、Strings Of Life、Incidentなど、結構定番モノが多かったように思いましたが、ageHaというのもあってフロアは結構盛りあがっていたようです。

Timoの時間である2時半頃からはアリーナ待機。

一向にTimoが出てこないなぁと思ったら、脇にいるギャル男みたいな髪型の人がTimoでした…

交替早々Timoらしい変態チックなファンキーハウスでフロアを暖めなおし、3曲目くらいでブレーク明けに音切って「Hey!Tokyo!!!」と叫んで、クラウドアガりまくり。

テクノよりな音を通過して一時的にダークな展開になったけど、4時過ぎからまたファンキーな感じに戻り、Felix Da House Cat - Watching The Cars Go By、Beastie Boys - Intergalactic (Matthew Dekay Remix)、Guy Gerber - Stoppage Timeなどをプレー。

5時くらいから少しテンションを落として、綺麗なトラックも混ぜてました。

かかるかな?と期待していたDepeche Mode - Enjoy The Silenceの自身のMixもプレー。このMix、それほど好きではないのですが、やはり大箱で聞くと違うものがあります。

ラスト30分くらいはブレークスで、Moby - Goのネタモノなどをプレーし、6時には終了。

アンコールが沸きますが、結局戻ってきませんでした。

Timoは完全にageHaの音を理解してプレーしているように思えました。グルーヴが無駄なく体に伝わってくるというか、体を動かさずにはいられないというか…開始30分くらいにかかった曲なんかはブレークでベースが全身の毛に伝わってきて、本当に昇天モノ。

トラックはツール的なんだけど、リズムがコロコロ変わるので飽きないし、ブレークのタイミングを計算してて、足を止まらせない。

DJ Setはなく、Liveを聞いているのだろうかと思わせるほどのスキルでした。

ただ、Maarさんとノリが違いすぎたためか、途中で帰ってしまった人も結構いたようです。特に序盤はかなり地味だったし、ageHa向きではなかったかもしれないですね、かなり好き嫌いの別れるセットなんじゃないかとは思うけど、これが本気プレーなのではないでしょうか。自分としてはとにかくTimoに魅了されっぱなしの夜でした。

こいつはただのロリコンじゃない!!