Hatena::Grouptrance

Behind the Sun はてな支部 このページをアンテナに追加 RSSフィード

About this Blog

 本家ブログはこちらです

2006-03-22

[] 最高以上! Tiesto@ageHa

 最初メインフロアーに入った時にはYODAさんがDJされていたのですが、ちょっと音が悪く感じました。心配してしまいましたね。下の音はしっかり出ていたのだけど、中音(て表現すればいいのかなあ?)がちょっとぼやけてて、上は微妙に割れてそうな感じ。それなりではありましたが、昨年のPVD@ageHaの時に比べると悪かったです。

 しかし、そんなことはどうでもいいんだ!と思えるくらいTiestoは凄くて、音の悪さは完全に忘れさせられました。

 ええと、何を書けばいいんだろう・・。いかなる言葉も、あの時を表現することはできないんだろうと思います。一言で言えば、「最高以上!」これにつきます。

 昨年のPaulVanDyk@ageHaの時もそうでしたが、いいDJというのは理性とか意識とか自我とか、なんかそんなものを吹っ飛ばしてくれます。

 何で自分がここにいるのかとか、自分が熊本出身で、どういう食べ物が好きで、サッカーが好きでとか、そういう自分の属性を全部吹っ飛ばしてくれます。

 もう、そこにあるのは社会的存在としての「私」ではなく、DJ、そしてPartyと対峙するだけの存在でしかない「わたし」です。「わたし」はもう、全てをエポケー(判断停止)して音と映像に身を任せ、踊り狂うしかないのです。

 私にそうさせたDJは実は今まで1人しかいなくて、2005年のPVD@ageHaの時だけでした。今回のTiestoが2人目です。「スゲェェェ!!!」と熱狂させるDJを最高のDJと表現するならば、「!!!!!!」とスゲェという言葉の意味すら思い出せなくさせ、ただただ熱狂させるDJはまさに最高以上なのでしょう。最高のDJにはこれまでも沢山出会ってきましたが、最高以上だったのは、TiestoとPVDの2人だけです。これははっきりと書いておきます。別格。

 3時間はあっという間でした。はっきりいって3時間では短かった。短すぎました。次の来日時にはこの部分を期待したいと思います。

 彼のDJは、焦らし上手&休ませ上手、びっくりさせ上手&煽り上手。わーー灯の付け所がない。ていうか記憶もあんまりない。

 やべーーとかぎゅあーーとか言いまくっていた気がします。

 あまりのことに、TiestoのDJが終わったら、私はすぐフロアーで寝てしまったのです。w 爆睡してました。その後はいろんな所をうろうろしていましたね。

 このためYODAさんのDJは殆ど聴けませんでした。まあ、次の機会に堪能したいと思います。大満足のPartyでした。